2006年11月26日

新宿子ども劇場の「探偵ごっこ」

本日、新宿子ども劇場の「探偵ごっこ」というまち探検企画に参加してきました。
場所は新大久保で、設定と流れは

「最近、大久保界隈に亡霊が出没している」

というもので、子どもたちに課せられた指令は

・どこに亡霊が現れたのか?
・その亡霊の正体はなにか?
・なぜその亡霊は現れたのか?
・どうしたらその亡霊はいなくなるのか?

の4つをまちに変装してうろついている大人スタッフと根回しなしの
住民の人やお店の人に聞き込みなどをして推理し、課せられた指令を
自分たちなりに話し合いで回答を出すという内容です。
 
で、この企画で一番の主たる目的はまちの人に聞き込みをするという
行為でその話かけるという行為こそが地域で子育てというスタイルに
向けての第一歩になるのだというのがねらいであるといえます。

それで、結果としては各グループ、4つの回答に対しての答えを皆発表
できたということで、うまくいったと言えるでしょう。

ですが、この探偵ごっこは複雑にいろいろな要素と課題が重なり合う状
態で終わったと言えます。まず、時間的に1時間で話し合い枠を設けつ
つ調査をして、意見を出し合い、まとめるのは正直ぎりぎりだし、無理
があるかもしれませんでした。それに、子どもの意見を吸い出し、一つ
にまとめるという作業はなかなか難しいもので、大人スタッフもここは
事前訓練が必要と思いました。と同時にまさしくそうだなと思ったのが、
「子どもは話し 合いが出来ないのではなく、大人が信じてあげないから
ダメなんだ」ということでした。全体的に子どもたちの意見を引き出す
のに終始徹する大人スタッフの 役割は学ぶところ大です。

また、子ども劇場さんの企画の進め方でとても関心したのが良い意味で、
100%のクオリティを目指さないということです。これはとても重要で
100%を目指すというのはすごく疲 れるのですね。
なので、参加してくれている大人スタッフの生活のリズムに対して負担の
かからない程度に企画のクオリティを止めるというのはとても重要な配慮
であると思いました。

以上報告まで。
posted by だがしや at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | まち探検ラリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

まちの名前を決めよう!看板作り。

看板画像.jpg


 10月9日の児童館はいろいろな意味で大変だった。内容は前回まで、「新宿をつくろう」ということで、5m四方の模造紙にネオ新宿をつくっていったのだが、今月はそのつくった建物の一部を巨大化し、人が入れるようにするというのが目的。
 そこで、今回の児童館企画は人が入れる仮想のまちをつくり出す前に、「まちの名前を話し合いで決めよう!」という流れで、その後名前が決まったら「看板をつくろう」というものだ。
 結果は、最終的には「たまごっちワールド」に決定!しかし、今回だがしやとしては初めて子どもたちに会議をやらせたため、大人スタッフのリードの仕方を今後検討していかなければならないのではないかという指摘がでた。
 会議内容としては、子どもたちそれぞれに案を出し合ってもらい、その後多数決で議決をしたわけだが、果たして多数決でよかったのか否かは疑問だったかもしれない。また、よくあることではあるが、一部の子の発言数が多く、バランスがとれた会議ではなかった。”合意”というプロセスを大人スタッフは常に心がける必要があるのかもしれない。
 このような会議において大人スタッフはどのような位置にたつべきか?そんなことを思った企画でした。しかし、興味深いのは実は大人間での会議も似たようなもので、子ども会議の進め方を考えることは同時に大人会議の進め方を学ぶことになるとわかったのは大きな収穫かもしれない。

posted by だがしや at 10:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 児童館での活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

新宿をつくろう!



10月26日と31日、11月1日の3回にわたって、毎度の児童館にて「新宿をつくろう。」という企画を展開しました。この企画は、初期設定として怪獣が現れ、新宿駅と児童館以外は全壊してしまったとし、その後復興作業にみんなで取り組むという内容です。
さてさて、どうなるものかと思いましたが、なかなか子どもたちも日常思いがあるらしく、動物園が欲しいとか、映画館が欲しいとか、高いビルは建てるなとかいろいろな意見が現れ、それを具現化していった流れはとても良かったと思います。

なかなか日常子どもたちの声というものは、とかく大人には伝わってこないものですが、こうして遊びの中の表現になると、言葉では伝わってこない主張が子どもたちの中から現れてくるし、なにより、当たり前ですがやっぱり新宿というまちに住んでいる以上はやはり日常思うとこがあるのですね。いや、素直に面白い企画でした。

PA0_0010.JPG PA0_0016.JPG PA0_0018.JPG PA0_0027.JPG
posted by だがしや at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童館での活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。