2006年12月21日

祝☆大久保小学校居場所事業参戦!

本日、大久保小学校PTA副会長新部さんとの会議により、大久保小学校にて週末居場所事業を行うことが本決定しました!これに伴い、だがしやは来年度、大久保小学校居場所事業を正式に請け負います!新部さん、スープの会の後藤さん、ありがとうございます!だがしや一同頑張ります。言わずとしれた多文化共生が中心のテーマとなりそうです。

【決定事項】
 ・正式に2007年度の居場所事業として決定
 ・月2回土曜日13:00〜15:00(←しかし、結構好き勝手にやっていいらしい)
 ・使用場所はグランド、体育館、会議室、和室の4つ

【確認済み事項】
 ・小学校はこの居場所事業に関与していない。
 ・実質的な窓口はPTAとスクールコーディネーター
 ・基本的にPTAに頼るような事態は避けてほしい。→人的資源はこちらで全部用意する。
 ・鍵管理は常駐の警備員に任せられている。
 ・チラシに関しては、毎月1枚「大久保クラブ」というペーパーに各団体の予定を並べる形式。
 ・予定は学校を通さないから融通はきくものの、ある程度前もって。
 ・教科指導のニーズあり。
 ・文科省の居場所事業ではなく、新宿区の教育委員会の居場所事業

【今後の構想(仮)】
植竹提案:だがしや楽校を開いたらどうであろうか?
  
***だがしや楽校とは?***
 だがしや楽校とは、お祭り屋台の形式で、だれもが手軽に
「趣味・特技・遊び・学び・作品」などを「みせ」る集い。 
要はここの場では小学生も中学生も大学生、町内会の人、先生、
お年寄り、お母さん、留学生、在日韓国人の人たち誰でもが、
自分の「趣味・特技・遊び・学び・作品」などを出店することができる。
そこでは遊びと学びが共存する場として機能し、大人も子どもも
楽しみ、学び、話をし、居場所を見つけ、新たな仲間と出会う。
http://www.dagashiya-gakko.com/
***************

理由1:行く行くは子どもだけを対象としたプログラムではなく、
生涯学習の場として機能させたいため(前回会議にて決定)、
出来るだけ他の団体が入り込める余地を残しておきたいから。
だがしや楽校なら、始めは出店者がうちらだけであっても、
次第に他の団体や人も出店してくる隙間がある。
また、他の全く違う団体に声をかける口実にもなる。

理由2:個人的にだがしや楽校の人と知り合い。また、作った松田さん
とも連絡をとることも可能。つまり、新しいネットワークを構築するチャンス!
さらに、いかにしてだがしや楽校を作っていったかインタビューできるため、
一定のクオリティを確保できるのは確実であるため。

理由3:名前にインパクトがありすぎるから。
だがしやの名を大久保地域、しいては新宿区に浸透させるため。
せっかくうちらの団体名が「だがしや」だから、これを機会に名を轟かせる(妄想)。

【今後の流れ】
 ・事業の内容を正式に決定する
 ・チラシの作成
 ・実行委員会を設立?(後日、検討)
 ・構想が固まり次第、どんどん仲間を集める。
 ・3月中旬にはほぼ基盤を整える。

てな感じですね!
頑張りましょう!
posted by だがしや at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 大久保小学校 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
tbありがとうございます。
こういう関連したtbは大歓迎です!
Posted by tx at 2007年01月04日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。