2007年02月09日

だがしや武蔵野東小学校のオヤジと交流!!



先日(2/3)だがしやメンバーは武蔵野東小学校の父兄団体(といえばいいのでしょうか?)「エンジョイ」のメンバーであるKさん(リーダー)、Oさん、Sさんとお話してきました。こうなった経緯としましては、ある日だがしやのホームページを見て、ぜひお話をさせて頂きたいという旨の電話がKさんからあったことから始まり、ぜひ会ってお話をしようという流れになったためです。(ホームページ更新してて良かった!!)

まず、私立武蔵野東学園について簡単に説明致しますと、学園では、幼稚園を始めとし、小・中・高等専修学校まで続く一貫教育を行なっています。一番の特色は、日本でも珍しい健常児と自閉児の共学体制である『混合教育』で、その人気と実績から「自閉界の東大」と呼ばれるほどだそうです。PTAはなく、代わりに援助委員会というものが存在します。学校と対立するニュアンスが含まれたPTAとは違い、学校と親が相互に助け合っていこう、という気持ちからのようです。

「エンジョイ」は「できる人ができる時にできる事をやる」をモットーにした団体で、余談ですが「援助委員会」→「エンジョイ員会」→「エンジョイ」とのことです。

学園について詳しくは、武蔵野東学園HPでみることができます。御覧ください。
http://www.musashino-higashi.org/

自閉症児について、みなさんはどれくらいご存知でしょうか。もし全くイメージがつかないのであれば、最近放送されていたドラマ「僕の歩く道」で、SMAP草なぎ剛さんが演じていた役といえば、なんとなく理解していただけるでしょうか。

しかしながら、お話によると自閉症児のタイプは様々で、感覚障害の子どももいれば、コミュニケーション障害や知的障害の子どももいます。OさんとSさんは自閉症のお子さんがいらっしゃるそうですが、「自分の子ども以外は全くわからない!(ただでさえ自分のとこもわかんないのに〜笑)」と冗談交じりにおっしゃっていました。

さて、本題に入ります。学園では、今まで”土曜自由登校日”<通称:土自(どじ)>というものがあり、健常児・自閉児向けにPCや料理、生け花、実験等の教室を行なっています。父兄の方々が協力し合って、子どもたちに教えているそうです。

しかし、3→2期制により”土自”は廃止され、来年度から新たに”ジョイデイ-joy day-”という日が設けられることになりました。”ジョイデイ”は字の如く「子どもにとにかく楽しんでもらおう」を目的とした遊びの日です。そして、武蔵野東小校長の意向もあり「父兄に自由にやらせよう」となりました。今年度まで行われてきた土曜自由登校日は先生が運営を行い、父兄がその手伝いをするという形で行われていましたが、ジョイデイはエンジョイが主体となって企画・運営を行い、先生にサポートしていただくという形をとることになったのです。

ジョイデイは4/14,6/2,9/8,10/27の全4回催されます。

これはまだ暫定的な案ですが、リーダーのKさんの希望を、以下載せておきます。

1st:4/24…巨大絵
2nd:6/2…エンジョイ+他団体で約10個の催し物をだすfestival型
     (この内エンジョイは3つ程企画するそうです)
3rd:9/8…全員参加型企画(Kさんの希望ではかえっこをやりたいそうです)
4th:10/27…6/2と同じ形式・festival型

だがしやのHPの中で、巨大迷路や特に巨大絵に興味を持っていただいたらしく、「ジョイデイで是非巨大絵をやりたいので、だがしやさんにお手伝いしてもらいたい」というお話でした。話をしていくにつれ、何分特殊な学校なので、まずは見学にいらっしゃってはいかがでしょうか?という話になりました。

というやり取りですが、こんな理想的な学校へのオヤジのかかわり方はとっても素敵だと思います。だがしやも次年度(今年の4月)から大久保小学校に入りますが、この武蔵野東小学校の事例はぜひぜひ参考にさせて頂きたいと思います。
posted by だがしや at 11:59| Comment(1) | TrackBack(0) | NEWS! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だがしやさん、本日見学にいらしていただき、本当に有難うございました。
学校や子供達はいかがでしたでしょうか?
我々も試行錯誤の中、子ども達だけでなくオヤジたちも楽しみながら(もちろん出来る時に、出来ることを、出来る人が楽しく!)やって行きたいと思っています。
ちょっと珍しいオヤジ達ですが、これからも宜しくお願いしますね。

追伸 学校のことちょっと付け加えますね。
PTAではなく『後援会』なんです。
学校と共に我が子を支援していこうというサポーターに保護者がなろう!って感じかな。
そしてエンジョイはその中の一派です。もともとはコンピュータ教育を支援しようということからはじまりました。
コンピュータ教育援助委員会をもじってエンジョイと呼ぶようになったようですよ。
Posted by Oさんこと、ミシュランと申します at 2007年02月10日 23:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33273159

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。