2007年01月12日

ミニ・ミュンヘン2006 写真 uploadしました!


 ミニ・ミュンヘンは、子どもがつくる遊びの都市。上の画像をクリックして下さい。
ドイツ・ミュンヘン市で2年に1回開催され、30年続いている夏休みのイベントです。
ミニ・ミュンヘン研究会(http://www.mi-mue.com/top.html)も参考にして下さい!
posted by だがしや at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ・ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

ミニ・ミュンヘン2006報告



 この夏、だがしやんの植竹は、ヨーロッパ周遊ぶらり旅にくり出したわけですが、ついでにドイツのミュンヘンに赴き、「ミニ・ミュンヘン2006」を視察してきました。そこで、つたない携帯のムービー機能で撮影ですが参考までにどうぞ!遅れましたが、ぜひ!
posted by だがしや at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ・ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

遊びに学ぶまち〜ドイツ・日本子どもの参画交流会



ドイツ・日本子どもの参画交流会
遊びに学ぶまち〜ミニ・ミュンヘンの取り組みに学ぶ〜


先日、ミニ・ミュンヘンを仕掛人である大人たちが、ドイツからやって日本にやってきて、その30年間の試みについての講演会と交流会が市川市文化会館にて開催されました。今回はその報告を映像と共にご紹介します。

「ミニミュンヘンとは?」

夏のドイツに現れる、子どもだけの小さな都市「ミニ・ミュンヘン」
この都市において子どもたちは、自分で考え、自分達で決まりをつくり、働き、遊ぶます。そこは子どもが生き生きと輝くまち。
「ミニ・ミュンヘン」は行政や企業、NPO、市民が連携して20年以上も子どもたちが創造力を発揮して社会の一員となり活躍する遊びの場をつくってきました。詳しくは「ミニ・ミュンヘン研究会」のサイトをご覧ください!

今回、「ミニ・ミュンヘン」の創始者で、ドイツの子どもたちの遊び、教育、芸術、文化などの活動のリーダー達を招き、日本各地の子ども参画の活動と事例と交流しながら、『子どもの参画』が人にやさしい町、環境にやさしいまち、地球にやさしいまちをつくっていくことを学び合う交流会ということで開催されました。

 さて、その内容ですが、基本的に「遊ぶ」という行為、「遊ぶ権利」というのを大切な価値として位置づけているようです。もっとも、このような価値も最初から注目していたわけではなく、様々な経験から辿り着いたのでしょう。その証拠に90年以降「遊び」をどう扱うかという議論があこったそうで、2000年以降、ドイツは世界学力テストOECDピサ調査での結果が世界の平均水準を下回りさらに最近の調査でも悪化していることに対して、国や文部省、教育関係者たちは大きなショックを受け(ピサショック)、これを良いきっかけと位置づけ「教育」「遊び」「学び」を改めて見直すようになったとおっしゃっていました。
 さて、ミニミュンヘンの話に戻りますと、その基本的コンセプトとして2点挙げることができます。1点目は教育の制度に関してで、現在すべての層に平等なチャンスがなく教育に落差がある、だからそこを改善するためにミニミュンヘンは存在する。従って、子どもからお金は現在にいたるまで徴収していないということ。2点目は学びの「形態の多様性」という点で、「学び」というのは学校だけがすべてではなく学校以外でも「学び」を引き起こす場所を提供することで、ミニミュンヘンにおいて子どもたちは大人の提示した“与えられた”「学び」を「学ぶ」のではなく、自主的に「学ぶ」ということを「学んでいく」場所であると説明していらした。子どもたちはそこで「何か」を学ぶのだ。
 しかし、その「自主的に学ぶ」というものの中でも、とりわけ2つの大切なものがあると指摘された。一つ目は「経済」でもう一つは「政治」だ。前者はミニミュンヘンの構造上「お金をかせいで、お金をつかう」というのが主たる仕組みの一つであるため、子どもたちは「お金は天から降ってくるわけではない」ということを含めた「経済」の仕組みを自らの体験でもって理解する。後者はミニミュンヘン内での一連の選挙やリコール等を体験的に実感することによって、「市民」を核とした「民主主義」を学ぶということをおっしゃっていた。だが、この2点はあくまでもユートピア的であって、現実をそっくり模倣するというわけではないと付け加えられた。このユートピアということの意味はもう少しつっこんで説明してほしかった。また、「民主主義」と「市民」というキーワードも日本においてミニミュンヘンを実施する上で、よくよく考察をしていかないといけない分野であるとも言える。
 
 
posted by だがしや at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ・ミュンヘン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。